Video beyond Voice Push-To-Talk

Mission Critical Service of ProPTT2

ProPTT2はMission Criticalな状況でユーザーをサポートするための様々なサービスを提供しています。これにより、ユーザーの安全をサポートし、状況を解決するためにサポートします。

サポート機能

緊急時に使用できるさまざまな方法の通信方式をサポートします。緊急時にユーザーにSOS、Alertを送信することができます。また、無電解を奪ったり、専用の無線チャネルを利用することができます。

SOS / Alert送受信をサポート

緊急時にユーザーが同じチャンネルユーザーにSOS信号を送信することができます。また、DispatcherがユーザーにAlert(警告)を送信することができます。

PTTスナッチサポート

緊急オペレータは、ユーザーのPTTを抜いて、まずPTTを送ることができます。

マスターPTTサポート

チャンネル所有者は、マスターチャネルを介しPTTを継続的に送信することができます。
 

映像共有を介して現場の映像をすぐに共有することができます。高画質の現場映像を共有することにより、正確に現場を把握して対応することができます。

ビデオ共有をサポート

ユーザーは端末のカメラを介して、現場の映像を同じチャンネルのユーザーと共有することができます。 映像共有の詳細はこちら

画面共有をサポート

Dispatcherは、PCの画面を同じチャネルのユーザーと共有することができます。

CCTVカメラ共有をサポート

DispatcherはCCTVの映像を確認し、同じチャンネルのユーザーと共有することができます。
 

現場ユーザーの位置を把握し、即座に対応することができます。そのために、様々な方式の位置追跡機能を提供します。

ユーザーの位置情報を共有

ユーザーの送信位置または特定の場所の共有をサポートします。同じチャンネルのメンバーと場所を共有することができます。

すべてのユーザーの場所の共有をサポート

ユーザーの位置共有を介してDispatcherは、すべてのユーザーの位置を把握することができます。

同じチャンネルですべてのユーザーの位置を共有することをサポートします

各ユーザーは、チャンネル内の他のユーザーの位置を把握することができます。

過去1日間のユーザーの位置の追跡をサポートします

Dispatcherは、特定のユーザーの最近の日中の位置を把握することができます。(Enterprise versionのみサポート)

Beacon / WiFi AP / NFCによるユーザーの位置の共有をサポート

ProPTT2システムは、GPS以外にもさまざまな場所デバイスと連動して位置情報を収集することができます。これらの情報に基づいて、室内でのユーザーの位置を把握することができます。

単独勤務者の作業時の危険な状況をサポートします。単独作業の危険性を知らせ、リスク状況を把握して通知します。また、さまざまなリスクを検出する方法をサポートします。

ユーザーのステータスの共有をサポート

ユーザーは、Chatまたは機能キーを利用して、定期的に現在の状態を共有することができます。

リモートユーザーとのペアリングをサポート

ユーザーは1:1 PTTを利用して、リモートユーザーとペアを結び、お互いの状態を共有することができます。

動作検知をサポート

ユーザーが一定時間の間動かなければ、自動的にそのチャンネルのユーザーにSOSを送信することができます。

バッテリーチェックをサポート

電池残量が少ない場合は、そのチャンネルのユーザーに自動的に警告メッセージが表示されます。

リモコンをサポート

作業者に問題がある場合は、ディスパッチャが作業者のデバイスのマイクとビデオを開いて状況を確認できます。

危険な状況で起こるすべての通信の内訳は、記録されることがあります。記録を介して状況の原因分析が可能になります。

PTTの記録をサポート

すべてのPTTは、自動的に録画されます。 (Enterprise versionのみサポート)

Videoの記録をサポート

すべての共有された映像は、自動的に録画されます。 (Enterprise versionのみサポート)

Chatの記録をサポート

すべての共有された会話は、自動的に録画されます。 (Enterprise versionのみサポート)